活動内容

【活動内容】

・蒸気機関車に託された過去の人々の想いを遵守し、蒸気機関車と共に歩んだ郷土の歴史を尊び、未来ある子供たちの笑顔に繋がるために様々な行動を行っていきます。

・蒸気機関車を未来にしっかり伝承すべく、保守・清掃活動を定期的に実施していきます。

・蒸気機関車を通じて地域の方々との交流の場を企画し、地域発展に貢献できる企画を立案していきます。

・他の鉄道保存会や、鉄道に関わらず「歴史」をテーマとした他の団体との交流を行い、相互発展を目指します。


●陸羽東線シゴハチ歴史保存会公式サイト

https://riku-east-c58.localinfo.jp/

●インターネット署名サイト

http://chng.it/KxBVZvWy

●YouTube保存運動動画

https://www.youtube.com/watch?v=YCgkxmMTuYw

●Facebook

https://www.facebook.com/groups/350467469717510

【保存会について】

 蒸気機関車の単なる保存では地域の宝とは成りえません。そこで、当保存会では教育関係者様や郷土の歴史に造詣が深い方々からのご協力を頂きながら、教育的観点・地域活性化・歴史的観点など多方面の可能性から保存の在り方について検討、研究していきます。

 なお今回の解体の知らせを受け、2017年の陸羽東線開業100周年の際に開催された「全線開通100周年記念 陸羽東線展(主催:東北福祉大学、協力:大崎市教育委員会、東日本旅客鉄道㈱)」にて、記念講演を務められた大崎市古川出身の眞船 直樹様(北海道大学病院医師・酪農学園大学名誉教授・元北海道鉄道文化協議会運行部長・National Railway Historical Society Roanoke Chapter Member(アメリカ合衆国))を筆頭に、「地域づくりと住民の学習活動」を研究活動とされている東北福祉大学教育学部・星山幸男様(同大学鉄道ステーション運営委員長)、宮城教育大学・棟方 有宗様の御三名に保存会特別顧問としてお立ち頂いております。